Vol.38 体のニオイについて

ゴールデンウィーク皆さんはどう過ごされましたか?

5月に入り、暖かというよりも暑いという日が増えてきましたね。

汗等で体のニオイが気になってくる方も多いのではないでしょうか。

ということで今回の「知って得するインソールの豆知識」は体のニオイについてアンケートを取りましたのでその結果をご紹介していきます。

 

さて、今回のアンケートでは男性119名、女性98名計217名の方にお答えいただきました。

では早速アンケートの結果をみていきましょう。

なんと気になったことがあるとの方が206名と圧倒的多数を占めました。私自身も汗っかきなのでこれから季節特に気になるのですが、やはり自分のニオイってきになりますよね。

 

次にどのような場所で自分のニオイが気になったことがあるかを聞いてみました。

回答数の多かった職場・学校と自宅を比較すると職場・学校では男性の回答が多く、女性の回答が少ない結果、自宅では男女でほぼ半々の回答との結果がわかります。これは女性が職場・学校ではニオイケアをしっかりしている方が多いのではと推測され、逆に自宅はゆったりできるのでニオイが気になる方が多いのかもしれません。

男性では、飲食店も回答が多くなりました。後程紹介する体のニオイに関する失敗談や面白いエピソードでも多数の男性から飲み会でお座敷席の足のニオイに関するコメントをいただきました。やっぱり気になりますよね。私もできる事ならお座敷席は避けたいです^^;

また、普段体のニオイで対策していることはあるかを聞いてみました。

男女ともに風呂で良く洗うがダントツの1位となりました。普段の生活で出来る対策なので多くの人が実践しているようです。全体的に男女で大きく対策で差はありませんでしたが、やはり女性の方がデオドラントスプレーやいい香りの柔軟剤を使う方が多い傾向にあり、香りに対する意識が高い感じがしますね。

 

最後に体のニオイに関する失敗談や面白いエピソードを聞いてみました。

「海外旅行帰りに大汗をかいて、着替えがもうなくてそのままタクシーに乗ったら運転手さんに窓を開けられた。」

「今日は汗をかいたな~と思って帰った日に、妻が笑いながら「臭い~」と言って来た事があります」

「自分がくさいけど周りの人がくさいかのような演技をよく公共の場だとします。」

「靴を脱いだら匂いがした。畳だったので、スカートで足をかくした。」

「自分の臭いにおいを嗅ぐと妙に落ち着くこともあります。」

「家族に好評の柔軟剤も 本当は自分のニオイをごまかすためなのですが、みんなに気分良くいてもらいたいからだ・・・と恩をうって使用しています。」

「倒れて救急車で運ばれるとき、命の危機よりニオイの危機が気になった」

「自分のにおいで起きることがある」

「急な飲み会があって参加したら、会場がお座敷で靴を脱がなければならず、営業で歩き回った後の足のニオイが気になって、終始会話がぎこちない状況になってしまったこと。」

「仕事から帰宅したら娘がでてきて先に風呂に入ってきてと言われた」

 

今回の「知って得するインソールの豆知識」いかがだったでしょうか。これからどんどん暑くなり汗ばむシーズンの到来です。しっかりとニオイ対策していきましょう!

Vol.37 スニーカー通勤

春風の心地よい季節となりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

新年度になり気分を新たに色々と状況が変化する時期となりますね。

さて、新年度1発目の知って得する豆知識のテーマはズバリ!

 

「スニーカー通勤について」

 

スポーツ庁でも推奨しているだけあって、電車内でもスニーカー通勤の方をチラホラ見かけるようになりました。ただ、実際スニーカー通勤に対してみなさんがどの様に考えているのか、実態はどうなのか、とても気になりませんか?そこで我々はアンケートを募集して調べてみました。今回はその結果をお伝えしたいと思います。

 

では早速、あらかじめ募集したアンケート内容を見ていきたいと思います。まず、アンケート回答者はアシートや中敷きの使用者とは限らない10代から60代以上の一般の方々301名様となっております。

 

 

多種多様な職種の方に回答してもらっております。

 

 

ではでは、いったいどれくらいの方々がスニーカー通勤をしているのか?本格的に中身を見ていきましょう。結果はこの様になっています。

 

 

なんと、半数以上の方がスニーカーで通勤している事がわかりました。これは正直意外な結果でしたが、みなさんはどう感じましたか?続いて、そもそもスニーカー通勤自体しても大丈夫なのか?勤め先で規制があれば自然とスニーカー通勤ができなくなりますがはたして結果は・・・。このようになりました。

 

 

70%以上の方がスニーカー通勤可能という結果でした。政府の方針もあるからなのかそこまで規制などがなく自由な事がわかりました。ではスニーカー通勤のメリットはいったい何でしょうか?

 

 

機能面や履き心地が良いという回答が多数を占める結果となりました。たしかに実際、革靴やパンプスは足が疲れたりムレたりするので動きやすくて履き心地が快適なスニーカーの方が通勤時の実用性は高いのはうなずけますね。

 

最後に、スニーカー通勤に対してどのような印象があるか一部ご紹介しますね。

 

「窮屈でなく自由な感じがする。」

「出勤時から軽く運動ができる。」

「楽で良い。もっと広まったり、会社で推進されてほしい。」

「満員電車でも踏ん張れるし、パンプスより歩きやすいです。」

「健康的で、今の時代に合っていると思います。」

「やろうと思えばできるが、周りの反応が気になる。」

「足が痛くならないのが大変ありがたいところなので、もっと世の中に浸透していってほしいと願っています。」

「最近オフィスカジュアルが流行っているので、スニーカー通勤大賛成。」

「運動性があって良いと思います。通勤では無いですが外出時はほぼスニーカーなので足が蒸れないのは助かりますね。」

「楽。職場でビジネスシューズに履き替えれば問題ないので良いと思う。」

「動きやすくて良いと思う反面、外回りや来客などの時は履き替えが面倒ではある。」

「羨ましい。体にもいいし、気持ちもさわやかな気分になれそう。」

「天気のいい日はウォーキングを兼ねて通勤できるので、羨ましいです。」

「数十年前はスニーカー通勤なんて考えられなかったが、最近はおしゃれなスニーカーがあって、通勤靴としていいとおもいます。」

「男性の場合、まだまだ一般的に少ないので躊躇する。」

「現在 定年退職しましたが、現役時代はスニーカー通勤をしていました。軽快で動きもスムーズなおかげでいつも若々しくすごせました。知人や後輩にも事あるごとに勧めています。」

 

以上の様に非常にスニーカー通勤に対して前向きな意見が多かったです。このブログを見て、明日からスニーカー通勤にしてみようと思う方も増えるかもしれませんね。

Vol.36 インソールによる足裏リフレ

 

今回は脱臭、吸汗などと並びアシートの主な機能の一つである足裏への刺激について取り上げてみたいと思います。

アシートはウェーブ構造(ナミナミ)が足裏を刺激することにより、ほどよい心地良さと共にリフレッシュ感をもたらします。

ただし刺激に対する心地よさ、逆に言うと痛みと感じる許容度には個人差があるためアシートでは柔らかめのBタイプ、標準的な硬さのKタイプ、硬めのOタイプというように3種類をラインナップしています。

今回はアシートとSUASI(やや硬め)について普段アシートを使っていない被験者に試してもらい、どのような変化があったのか評価してもらいます。数値に基づかない主観的な評価にはなりますが、どのような足、ひいては脚全体の変化があったのでしょうか・・・

※本テスト結果は個人の主観であり、使用した際の効果・効能を保証するものではありませんのでご了承ください。

 

ウェーブ構造

ウェーブ構造

 

テスト方法

アシートおよびグループ会社(段ボールメーカー)のスタッフの中からアシートを使っていない20代~30代の女性2名、男性1名を選び、アシートまたはSUASIを2月下旬から3月上旬にかけて1週間使用してもらいました。期間中は交換時期が来たら適宜交換(使い捨て)してもらっています。

スタッフの勤務形態は事務職2名および製造現場(品質管理業務を含む)1名となります。

 

テスター1(事務職 女性 Bタイプ使用)

まず最初のテスターはほぼ1日中PCに向かって仕事をしている事務職の女性です。使用したのは通勤(徒歩1時間)および日中の勤務中でパンプスでの評価となります。

評価項目:

●足の疲労の軽減●
足への衝撃の緩和は実感した。

●むくみの改善●
使用開始前とその後のふくらはぎ回りを測ったが期間が短かったこともあり特に変化はなかった。

●冷え・血行の改善●
特になし。

●その他の変化●
「病は気から」ということわざがありますが、アシートが足を消臭しているという意識が心理的に良く作用している実感がありました。

 

○全体的に変化はないと捉えていい結果だと思いますが、疲労の軽減とまではいかなくてもやはり1.5mmの厚みでも衝撃緩和能力はあるんだと改めて感心します。

 

事務職(イメージ)

事務職(イメージ)

 

 

テスター2(事務職 女性 SUASI使用)

次は同じく事務職の女性ですが、業務中に部署横断的な折衝が多くフロアを歩き回る頻度が多いスタッフです。通勤(徒歩30分)はブーツにて、日中の勤務中はナースシューズのようなサンダルでの使用です。なおアシート・SUASIはサンダルでは通常使用できませんが、無理を言って履いてもらいました。

●足の疲労の軽減●
特になし。

●むくみの改善●
感覚的にだが少しむくみが減った印象がある。

●冷え・血行の改善●
もともと冷え性ではないので特に効果は感じない。

●その他の変化●
季節柄足の裏が温かく快適だった。ナミナミの刺激が少し強く、痛いと感じることがあった。

 

○徒歩30分の通勤にブーツを使用ということでかなりアシート・SUASIをお勧めしたいシチュエーションですが、むくみの低下をやや実感して頂いたようです。ただしタイプ選びは失敗したようで、「やや硬め」のSUASIを履いたところ少し痛かったということで、KタイプまたはBタイプを今後はお勧めしたいところです。

 

製造現場(イメージ)

製造現場(イメージ)

 

テスター3(製造オペレーター/品質管理業務 男性 Oタイプ使用)

次は製造現場で機械オペレーターをしながらデスクワークをする男性に最も足裏への刺激の強いOタイプを使ってもらいました。日中のみ使用で靴の種類は安全靴となります。

●足の疲労の軽減●
特になし。

●むくみの改善●
特になし。

●冷え・血行の改善●
特になし。

●その他の変化●
保温性があり暖かく良かった。

 

○期待する効果は特になかったという結果ですが、上の女性と同様に保温性があり良かったということです。製造現場のフロアはコンクリートのタタキにつき、底冷えしますから少しでも効果があったとしたら幸いです。

 

– + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

以上、インソールによる足裏リフレについてお送りしましたがいかがでしたでしょうか。
予想より効果があったのか、なかったのか、被験者も少なく難しい所ですが、やはり消臭・吸汗がアシートの本領発揮と言ったところでしょうか。なおリフレとまではいかなくても気持ちいいという意味では皆さん同意して頂きました。

今年度の「知って得するインソールの豆知識」は今月で最後です。ご愛読ありがとうございました。来年度も引き続きよろしくお願いします。

 

 

Vol.35 アシート販売実績

 

2月です。寒い日が続きますね。今年の冬は特に寒いですね。ただ春までもう少し!風邪などに注意してこの冬を乗り切りましょう!

 

さて、今回の「知って得するインソールの豆知識」はアシート販売実績ということで、実際どのサイズが買われているのかを当社が実施している実演販売での実績とweb上での実績を見て行きます。また、アシートはどのタイプが人気なのかも見ていきたいと思います。

 

実演販売での実績

実演販売での販売サイズの割合は、23cmが30%、24cmが32%となり女性用サイズが約6割を占め、男性用サイズは25cmが15%、26cmが16%、27cmが7%となりました。女性用サイズが多い理由としては、実演販売がドラッグストアやホームセンターなどで10~18時の時間帯に実施することが多く、主婦の方の来店が多いという点が考えられます。男性用サイズについては、女性に比べると男性の場合は数日試してから買うという方が多い印象で、販売割合が低くなったのかもしれません。

Webでの実績

Webでの販売サイズの割合は23cmが26%、24cmが29%、男性用サイズの25cmが11%、26cmが20%、27cmが14%となりました。実演販売での販売サイズと比較すると女性用サイズが2サイズとも割合が少し落ちて、男性サイズの26cm、27cmが割合を上げている結果となりました。私もそうなのですが、お店等で知ったものを一度web等で調べてから購入する方が多い印象があります。そのため、実演販売に比べ男性サイズの販売割合が増加したのかもしれません。

タイプ別割合

つぎに実際にどのタイプが人気なのかをWebの販売実績を見てみたいと思います。(なぜ実演販売のタイプ別は載せないかというと実演販売は主にOタイプで行っている為、偏った数値になってしまう為です。)

 

OタイプとKタイプが他のタイプを引き離し、同率で40%。Bタイプが17%となりました。SUASIが3%との結果となりました。Oタイプは2~3日使えるタイプとして、Kタイプは標準タイプとして、最初に選びやすい傾向にあるのかもしれません。Bタイプはやわらかいタイプという点で一度OタイプやKタイプを使用した方が選ぶ事が多いので他のタイプに比べ低めな割合となっているのではないでしょうか。SUASIについてはアシートに比べるとまだまだ認知度が低いことからこの割合になったと考えられます。

 

いかがだったでしょうか、実演販売とWeb販売については割合的にはほぼ同じ傾向にありますが、詳しく見てみると実演販売はweb販売に比べ23cm・24cmの女性用サイズの販売数が多くなり、Web販売では実演販売に比べ26cm・27cmの男性用サイズの販売数が多くなる結果でした。人気のタイプについてはOタイプ、Kタイプが人気との結果となりました。ちなみ私は長持ちするのでOタイプが好きです。

 

次回の「知って得するインソールの豆知識」はインソールによる足裏リフレについてお送りします。お楽しみに。

 

Vol.34 アシート試作テスト

 

お正月気分も終わり、本年度もあとわずかということで皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回の「知って得するインソールの豆知識」はアシートの通常製品を少し変更した試作品をテストしてみた結果をご紹介したいと思います。

長年ご好評頂いているアシートですが、多くの方から「そのままの製品を販売し続けてほしい」という声がある一方、細かな改良のご要望を頂くこともあります。
今回はその中でもアシートの履き心地や変形(折れ等)に関わっている波形の向きについて試作してみました。

 

●テスト内容

通常アシートは真横から見て波目が見えるようになっています。これを段ボール用語では横方向に段目が入っている等と表現します。

これを斜め(45度)段目にしたものと縦(90度)段目にしたものについて社内テスター3名に2日間履いてもらい、製品版アシートとの比較をしてみました。3名は主に都内を公共交通機関で移動している外回りの営業スタッフにつき使用状況はハードと言えます。

なお試作品は製品版のOタイプと同じ生地を使っていますので、比較もOタイプとの比較になります。使用した万歩計の数値は下記のようになっています。

 

表・テストした歩数(2日間)

 

●テスト結果(写真)

2日間装着してテストしてみた写真が下記となります。通常使用でもOタイプは1日程度での取替えが基本ですので、かなりの酷使と言えます。

 

斜め45度段目(女性スタッフA)

 

斜め45度段目(男性スタッフB)

 

斜め45度段目(男性スタッフC)

 

縦段目(女性スタッフA)

 

縦段目(男性スタッフB)

 

縦段目(男性スタッフC)

 

 

●テスト結果(官能検査)

次に4つの指標、①履き心地、②すべり具合、③折れ、④耐久性(持ち)について3名各々評価してもらいました。

●● ①履き心地 ●●

●斜め45度段目●
女性スタッフA:サラッとした履き心地を感じ通常品より爽やかな感じがした。

男性スタッフB:特に違いは感じない。

男性スタッフC:特に違いは感じない。

●縦段目●
女性スタッフA:サラッとした履き心地を感じ、特に足裏に刺さるような気持ちいい感触。

男性スタッフB:特に違いは感じない。

男性スタッフC:特に違いは感じないが、履き始めに段目の間にかかとが挟まる感じがあった。

 

斜め・縦ともに概ね変わりがないということのようですが、女性スタッフは製品版より爽やかな感覚ということです。これは男性のビジネスシューズと違いヒール高があるのが関係しているのでしょうか。

 

●● ②すべり具合 ●●

●斜め45度段目●
女性スタッフA:少し滑りやすい。

男性スタッフB:靴の中で横に滑る感覚(遊ぶ感覚)が多少ある。歩行時からストップした際、特に感じた。

男性スタッフC:特に違いは感じない。

●縦段目●
女性スタッフA:かなり滑る。履いた直後から滑るのを感じ歩きづらかった。

男性スタッフB:通常品と比較し、滑りやすい為違和感があり。使用している内に靴前方にずれてくる(画像の通り、前方がずれにより丸みをおびている)。

男性スタッフC:靴を履くときにスルッと履けた。歩いているときは少し前に滑るような感覚を感じた。

 

これはどちらも滑りやすいということで、特に縦段目については想像通りかなり滑るようです。滑りやすいが故に靴に足を入れる際は相当履きやすいことを筆者も履いたところ体感しました。

 

●● ③折れ ●●

●斜め45度段目●
女性スタッフA:折れにくい。

男性スタッフB:特に違いは感じない。

男性スタッフC:足の付け根の下あたりの折れが通常アシートよりも大きく広がった。

●縦段目●
女性スタッフA:折れにくい。

男性スタッフB:折れやすい印象。

男性スタッフC:かかとを上げるかたちでしゃがんだ時にパキッと折れる音があった。

 

折れについては段ボールは段目方向によって折れやすさが変化するためやはり違いはあるようですが、縦段目のスタッフCのように音を立てて折れるというのは、おそらく履いた当初のまだアシートが湿気を吸収していない硬い状態でしゃがんだのではないでしょうか。しばらく使って適度に吸湿すると、アシートは段目に直角に曲げても折れずにしなって曲がってくれます。

 

●● ④耐久性(持ち) ●●

●斜め45度段目●
女性スタッフA:通常品よりも良く感じた。

男性スタッフB:段のツブレ具合等から持たない印象。1日で裏面のカスが出始めた。

男性スタッフC:折れた部分からの傷みが激しく、紙くずの発生が早い印象。

●縦段目●
女性スタッフA:あまり耐久性がない感じ。1日目で結構潰れた。

男性スタッフB:耐久性はない。段のツブレ具合や、破けが1日目で生じていた為。

男性スタッフC:しゃがんだ時に折れた為か、歩いているとそこから傷みが広がりやすく、紙くずの発生が多かった印象。

 

斜め段目については女性と男性で印象が違うようです。それ以外については概ね製品版より損傷が早く紙くずの発生が進みやすいようです。

 

●● ⑤総合評価 ●●

●斜め45度段目●
女性スタッフA:履き心地も悪くなく折れにくいのが良かった(通常品だとヒールを履いていると真中から折れて切れてしまうことがある)。
若干滑りやすく感じたので斜めの角度がもう少しゆるい方がいい気がした。

男性スタッフB:通常品と比べ、使用時の差はたいして感じられなかったが、使用後の裏面のカスの出方が通常品より激しい点が気になった(靴の中のカスを落とす際の量でも認識)。

男性スタッフC:履き心地においては通常アシートとあまり変わらない印象であったが、折れや紙くずは、発生しやすい。

●縦段目●
女性スタッフA:かなり滑る感じで歩きづらくヒールには向かない。またすぐに潰れてしまった印象がある。

男性スタッフB:靴の中で滑る事で同時にインソールも上下運動する為、通常品に比べ耐久性に差が生じるのではないかと思われる。傾斜のあるヒールなどは特に適さない印象。

男性スタッフC:段目の気持ち良さは通常アシートの方が感じることが出来た。縦の場合は靴の脱ぎ履きがしやすい。しゃがんだ際にはアシートが折れてしまうのでそこから傷みやすい気がした。

 

斜め段目については女性スタッフには好評のようです。男性スタッフには製品版と特に変わらない一方、損傷や紙くずの発生が早いという評価をもらいました。

縦段目については女性・男性ともにすべりが大きく不評のようです。男性スタッフCの挙げた靴を履きやすいというメリットは確かにあるため惜しいところです。

 

 

– + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

以上、今回は段目方向の試作品をテストするということでお送りしましたがいかがでしたでしょうか。アシートではこれ以外にも様々な試作テストを繰り返しており、今後の製品へ活かしていきたいと考えています。

次回「知って得するインソールの豆知識」2018年2月号はアシートの販売実績などについてお送りする予定です。お楽しみに。

 

Vol.33 段ボールの生い立ち

 

今回はアシート、SUASIの大きな特徴である使い捨て・吸汗・足裏刺激を実現している立役者である「段ボール」の生い立ちについてお送りしたいと思います。
身の回りにあふれ、現代産業を支える名脇役とも言われる段ボールはどのようにして誕生し発展していったのでしょうか。

 

●「段」の誕生

段ボールの原型が生まれたのは1850年代のイギリスにおいて波形に加工した紙の特許が取得され、帽子の内側の素材として使われたのが始まりです。

この時は現代のような平面の紙でサンドイッチしたシート状の段ボールシートではなく波形の1枚の紙単体でした。段ボール業界ではこのようなナミナミの紙を「段」と呼ぶことがあります。

この段が19世紀に英国紳士が被っていたシルクハットの内側の通気性の確保と汗取り用に用いられたわけですが、160年前のこのお話はまさに現代私たちが靴の内側の通気性と汗取りのために使っているアシートそっくりで驚きます。

 

1850年代のイギリス(1851年 ロンドンで世界初の万国博覧会)

1850年代のイギリス(1851年 ロンドンで世界初の万国博覧会)

 

●段ボールの発明

その後、ガラス製品などの緩衝材として用いられるなどして、1870年代には段に平面上の紙を貼り合せて2層構造とした「片面段ボール」が生まれました。この時をもって段ボールが誕生したという見方もあるのではないでしょうか。

片面段ボールは現在でもロール状にした「巻段ボール」としてホームセンターの資材売り場などでよく見かけます。片面段ボールになると緩衝用だけではなく包装用途としても用いられるようになりました。

その後、段の両面を紙でサンドイッチしたシート状の「両面段ボール」が生まれ、1890年代には現代と同じようなミカン箱タイプの段ボールケースが作られるようになりました。

 

ミカン箱タイプの段ボールケース(JIS 0201形)

ミカン箱タイプの段ボールケース(JIS 0201形)

 

●日本での段ボールの発展

日本においては、第二次大戦後の復興期にそれまで輸送用途に使われていた木箱の素材(木材資源)が確保しにくくなったことが段ボールが発展するきっかけとなりました。戦後復興に必要な建築資材の木材需要が急増したためです。

 

木箱

木箱

 

また段ボール箱は木箱に比較して様々な利点を持っていることが段ボール箱が急速に広まった要因でもあります。

木箱と比較した段ボール箱の利点:
・製造が簡単・・・機械で迅速にオーダーメイドサイズで生産可能。
・保管効率がいい・・・段ボールは畳んでコンパクトに大量に輸送し保管できる。
・組立てが簡単・・・木箱は金づちでの釘打ちが必要だが、のり付け、テープ止めで手軽に組立て可能。
・緩衝性がある・・・内容品の衝撃を吸収する柔軟性を持つ。
・小型・軽量・・・同じ箱内寸法でも外側の寸法が小さく、重量は木箱の3分の1程度。

 

また高度経済成長期には新3種の神器と言われた家電製品の普及や国民の生活レベルの向上、経済活動の活発化によって段ボールも大量消費されるようになり、消費・物流の面から段ボール箱は日本の経済発展の一翼を担ったといっても過言ではないでしょう。

 

新・3種の神器の一つ(カラーテレビ)

新・3種の神器の一つ(カラーテレビ)

 

●最近の段ボールの活躍

現在、段ボールは商品保護や輸送のためだけではなく様々な使われ方をしています。

例えば輸送後に店舗での展示販売にもそのまま使える輸送兼展示箱SRP(シェルフレディパッケージ)や、大規模災害時に避難所で使用される簡易ベッドや間仕切りなどといった形でも段ボールは活躍しています。

 

– + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

以上、段ボールの生い立ちについてお送りしましたがいかがでしょうか。段ボール誕生時の目的がまさにアシートと同じだったなんて、とても素敵なエピソードです!

次回「知って得するインソールの豆知識」新年号は、アシートを少し改造?した試作品をテストしてみます。お楽しみに。

 

Vol.32 汗についての基礎知識

 

秋も深まり11月も半ば過ぎとなりましたが、インソールの冬の需要を控えてアシートの注目度も上がってくる季節になりました。

今回はインソールの消臭機能と切っても切れない関係にある「汗」について、基礎的なことを学んでみたいと思います。

 

 

●汗とは

まず汗とは何かですが、汗は哺乳類にしか備わっていないもので、汗腺から出る液体のことです。汗の主成分は血液中の水分(血しょう由来)となります。ですから汗をかいて水分補給をしないままでいると血液がドロドロになると言いますね。

汗をかく哺乳類の中でも、まとまった量の汗をかくのは人間や馬など非常に限られた生物だけで、後述するように大量の汗を放出することによって体の冷却の役割を担っています

 

血管(イメージ)

血管(イメージ)

 

●汗の役割

汗の役割は体温調節ですが、もう少し具体的に言うと体の冷却となります。汗が体表から蒸発するときに気化熱という膨大な量の熱を奪うことで体表の温度を下げます。

水1ccを蒸発させるために必要なエネルギーは2.43kJ(キロジュール)ということで、細かい条件を無視して人間の比熱などを計算していくと、汗を100ccかいてそれが効率的に蒸発して体温を奪ったとすれば、体温は1度下がるそうです。

例えばスポーツなどをして筋肉が熱を生み出したら、それを排出しない限り体温が上がっていってしまいますが、人間がフルマラソンを走り切れるのも、汗という効率的な冷却機構あってのものなのです。

通常の哺乳類は走り続けても数分~数十分が限度で、それは体温が上がりきってしまい、脳(運動中枢)の限界が来るからなのです。

 

 

またスーパーコンピューターのCPUが莫大な量の熱を発生し巨大な冷却装置が必要なように、生物界で最も発達した脳を持つ人間にも効率的な冷却システムが必要になったということなのです。

 

その他の役割として下記のようなものもあります。

○保湿・・・汗は尿素などの保湿成分を含有しています。
○生体防御・・・皮膚の細菌バランスを整えます。
○抗原抑制・・・ダニなどの抗原のもつ分泌酵素を抑えます。

 

ただし汗を放置すると上記の機能を上回るデメリット(雑菌の繁殖)があるのは言うまでもありません。

 

 

●哺乳類の体温調節

犬にも汗腺がありますが、それは足の裏など一部だけです。よって体温調節は難しいので、舌を出しハァハァと浅い息をすることによって体温を逃がします。

象は耳に血管が密集していて、耳をパタパタとあおぐことによって熱を放散させています。

 

 

●3種類の発汗メカニズム

汗には3種類の発汗の「引き金」があります。

【温熱性発汗】
これは汗本来の目的である体温調節を目的としたものです。気温や体温上昇をきっかけとして発汗します。

【精神性発汗】
これは人間にしかないものですが、精神的・情緒的な感情をきかっけとして発汗するもので、主に手のひら、足の裏、わきの下などに汗をかくとされていますが、部位は個人差があるようです。この汗の目的は、その昔狩猟民族だった頃に獲物を射止める瞬間に弓矢を引く手や踏ん張っている足の裏の摩擦を増すために備わったと言われています。

【味覚性発汗】
これは酸っぱいもの、辛いものなどの味覚刺激による交感神経の反射により発汗します。その目的はよくわかっていません。

 

 

●2種類の汗の出口

汗の出口は次の2種類に分けられます。

【エクリン汗腺】
これは全身に分布する汗腺で、ここから出る汗は99%が水で無臭です。ほんのわずかに塩分などのミネラルが含まれています。なお上の3種類の発汗メカニズムは全てエクリン汗腺から出る汗となります。

【アポクリン汗腺】
これは脇汗に代表されるもので、毛穴の中にある汗腺で、脇など体毛の分布しているところに存在します。80%が水ですが、残りはタンパク質や脂質などの有機物やアンモニアなどが含まれており、それ自身に臭いがあります。

これはいわゆるフェロモンと言われる類のもので、人間では機能しませんが犬や猫など、動物界では縄張りやマーキングなどにも利用される物です。

また有機成分を多く含むため、皮膚の常在菌に分解されると悪臭の素となります。

 

 

●良い汗、悪い汗

さてこのようなメカニズムによって出る汗ですが、適切に発汗する習慣があると汗腺が老廃物でつまったりせず、水分の多い「良い汗」をかけるようになります。また汗をかく指令が出たときにタイミングよく汗をかけるようになります。

逆に1年中エアコンの効いた快適な部屋で過ごしていたり、汗をかく機会が少ないと、体の求めるタイミングで発汗することが出来ず、汗をかいても水分以外のミネラル分の多いベタベタした「悪い汗」をかくようになります。

 

 

 

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

 

以上、汗についての基礎知識でしたがいかがでしたでしょうか。汗が血液の成分を除いた血漿からできているということは、主成分は尿と同じということになるのですね。

次回豆知識年末号はアシートの原料である「段ボール」の基礎知識についてご紹介する予定です。お楽しみに。

 

Vol.31 アシート耐久テスト~運動検証~

 

10月に入り、朝晩もだんだんと寒くなってだいぶ秋めいてきましたね!秋には「食欲の秋」「読書の秋」「運動の秋」等様々な楽しみ方がありますが、みなさんは何か秋を満喫していますか?
さて、今回のテーマは「アシート耐久テスト~運動検証~」ということで、日頃の運動不足の身体に鞭打ちながら運動でアシートが使用できるかテストしてみました。以前からアシートは激しい運動にはあまり適していないとしておりましたが、実際はどうなのか。今回はあえてのテストです。

テストでは履き心地固めのOタイプを使用。4種の運動を行い、その結果をまとめました。

 

①バスケットボール

天候:晴れ
試験時間:10分アップ+10分クウォーター×4+10分ダウンの計1時間
使用靴:スニーカー
使用状況:見た目について、表面はスニーカー内のクッション性によりナミナミの潰れに影響はなし。ただし、ダッシュを行うと靴の中でアシートが動く為多少の滑る感覚がある。それが裏面に現れ、左右とも破れが生じた。紙くずは殆どなし。

※30分使用時アシートの見た目・破れ等の変化見られず。

バスケットボール使用靴

バスケットボール使用靴

バスケットボール使用/表面

バスケットボール使用/表面

バスケットボール使用/裏面

バスケットボール使用/裏面

 

②縄跳び

天候:晴れ
試験時間:1時間(30分実施+10分休憩+30分実施)
使用靴:スニーカー
使用状況:見た目について、表面はジャンプし続けている分普段一般的に使用するより踵付近のナミナミの潰れが早い印象だが、1時間では大きな変化は見られず。裏面は感覚的には感じなかったが、靴の中でアシートが動いた影響からか破れが多少生じていた。紙くずは殆どなし。

※30分使用時アシートの見た目・破れ等の変化見られず。

縄跳び使用靴

縄跳び使用靴

縄跳び使用/表面

縄跳び使用/表面

縄跳び使用/裏面

縄跳び使用/裏面

 

③ランニング

天候:晴れ
試験時間:ランニング+ウォーキングの計1.5時間
使用靴:スニーカー
使用状況:見た目について、表面は通常使用している時とほぼ変わらず。しかし親指の付け根部分などの潰れ方は早い印象。1.5時間で裏面の小指付け根部分に破れが生じていたが紙くずなどは殆どなし。

※45分使用時アシートの見た目・破れ等の変化見られず。

ランニング使用靴

ランニング使用靴

ランニング使用/表面

ランニング使用/表面

ランニング使用/裏面

ランニング使用/裏面

 

④ボウリング

天候:晴れ
使用時間:2ゲーム計1時間
使用靴:ボウリングシューズ(レンタル)
使用状況:見た目について、表面はほぼ変化なし。しかし履いた時にシューズがフラットな為か靴中でパカパカ浮く感じはあったが、履いているとその感覚は無くなった。投げている時なども違和感はほぼなかった。擦れなどもほぼなく、紙くずは生じていない。

※1ゲーム(30分)使用時アシートの見た目・破れ等の変化見られず。

ボウリング使用靴

ボウリング使用靴

ボウリング使用/表面

ボウリング使用/表面

ボウリング使用/裏面

ボウリング使用/裏面

 

 

上記4種の運動では表面的な変化はあまり感じませんでした。しかし、運動量の多いバスケットボールでは靴の中で滑る感じがあるとの担当者からの報告でした。また、ボウリング以外の運動では裏面に破けが生じる結果となりました。そのため今回の結果からは30分程度の運動であれば使用感に変化はないが、1時間経過すると運動量に応じて、裏面に小~中程度の破れ等が生じる為、長時間の使用には注意が必要かと思われます。

 

今回のテーマはいかがでしたか?
テストということで久しぶりに運動をしましたが、膝の痛みと筋肉痛になり、日頃の運動の大切さを痛感致しました。

次回は、「汗について」です。お楽しみに。

 

 

Vol.30 私だけが知っているアシート活用法

 

9月も半ばとなり朝は冷え込むことも多くなりましたがいかがお過ごしでしょうか。

Vol.30という節目にあたる今月の「知って得するインソールの豆知識」は、アシートユーザーの皆様の独自(?)活用法についてご紹介したいと思います。
普段お使いのアシートがちょっとした工夫でもっと手放せなくなるかもしれませんね。

 

性別

 

上のグラフは参考までに今回アンケートに回答して頂いた方々の男女比で、半々に分かれています。下のグラフはアシートの使用歴となります。

こちらを見ると使用しだして3年から5年程度の中堅(?)ユーザー様が今回のアンケートでは多いことが分かります。20年以上のキャリアを持つ方々も全体の14%いらっしゃいます。

 

アシートの使用歴

 

下のグラフは主に使用するアシートのタイプとなります。万遍なく分かれており、抗菌タイプのOタイプと標準タイプのKタイプが拮抗し、柔らか目のBタイプがそれぞれの半分程度の割合となっています。

内訳としては、5年以下の使用歴の方はほとんどがOタイプまたはKタイプを使用し、Bタイプを使用しているのは使用歴5~10年の方でほぼ占められていました。

また柔らか目のBタイプは体重が軽く肌もデリケートな女性に多いと思われがちですが、男女差は全くありませんでした。

 

主に使用するアシートのタイプ

 

次にアシートの取替え期間をまとめたのが下のグラフとなります。

アシートの大きな特徴である「使い捨て」の期間と独自活用の間に何らかの相関関係があるのでしょうか??

多くの方が推奨交換期間で交換して頂いており、全体の54%を占めます。あまりアシートに負担のかからない使用状態の方は推奨期間の3~4倍または5~6倍長く使ってもまだ使用できると思いますが、くれぐれもアシートが破れて靴下や靴の中が紙粉(紙くず)で汚れてしまうことのないようにご注意下さい。

 

アシートの取替え期間

 

最後に本アンケートのメインである「独自活用」に関して皆様の活用法をご紹介します。

※これらはあくまで各個人様の様々な使用状況に応じて編み出された活用法につき、実践する場合は十分にご注意ください。

 

「マラソンシューズの中敷きの上に追加してクッション性を向上させて使用しています。」 

(男性, 使用歴3~5年, 交換期間:概ね推奨期間で交換)

「サンダルなどには少し小さく切って両面テープで貼って使用している。」 

(女性, 使用歴1年未満, 交換期間:1.5~2倍長く使う)

「新品のきついパンプスの時には中敷きが入らないので半分に切って使用しています。」 

(女性, 使用歴5~10年, 交換期間:推奨期間より早く交換する)

「地下足袋を履いていますが、夏は足袋の中がプール?になるくらいなので3枚重ねにしています。」 

(男性, 使用歴1~3年, 交換期間:推奨期間より早く交換する)

「硬めなOタイプですが裏面がどうしても弱いので、裏面同士くっつけるかたちで2枚重ねて使用しています。捨てる前に一度ひっくり返して使用するもよし、上の一枚だけを交換するもよし。とてもおすすめです。」 

(女性, 使用歴3~5年, 交換期間:5~6倍長く使う)

「ちょっと緩めの靴では、2~3日使ったアシートの上に新しいアシートを入れて、それで2~3日使ったら下の古いのを捨てて、また新しいアシートを入れる。靴底の厚みが増して足の負担が軽減される。」 

(男性, 使用歴20年以上, 交換期間:1.5~2倍長く使う)

「靴を履く時ではなく、しばらく履かない靴をしまう時等に湿気取りとして新聞紙と一緒に入れています。」

 (女性, 使用歴10~15年, 交換期間:1.5~2倍長く使う)

「長靴や蒸れた靴に、まだ使えそうなアシートを入れて湿気と抗菌対策に使う。」 「長期保管の際の革靴のカビ対策に新しいアシートを入れる。」 

(女性, 使用歴3~5年, 交換期間:1.5~2倍長く使う)

「母は運動会などで裸足になるとき、砂のついた足で靴を履くのが嫌でアシートを入れているそうです。また日ごろストッキング派ですが、夏は素足にアシート。気持ちいいし、中敷きの傷みを気にしなくて良いとのこと。」 

(女性, 使用歴1~3年, 交換期間:概ね推奨期間で交換)

「アシート装着前に足用スプレーをしておくと、汗をたくさんかいても気にならない。」 

(女性, 使用歴3~5年, 交換期間:概ね推奨期間で交換)

 

- *  - *  - *  - *  - *  - *  - *  - *  -

 

以上、「私だけが知っているアシート活用法」についてお送りしましたがいかがでしょうか。
重ね合わせる使い方をしている方が複数いて興味深いですね。。。

次号は「アシート限界テスト」ということで、アシートが過酷な使用にどのくらい耐えることが出来るのか、チェックしてみたいと思います。お楽しみに。

 

Vol.29 アシートの歴史 Part②

 

8月に入り、暑さも本番ですね!

花火大会やお祭りなどイベントも多いこの月は楽しみがいっぱいで良いですよね!

ただ、イベントごとも多いですが、体調も崩しやすい時期でもあります。皆様も体調管理をしっかりして楽しい夏をエンジョイしましょう!

 

さて、今回の「知って得するインソールの豆知識」はアシートの歴史Part②ということで、アシートの特徴である表面のナミナミに焦点を当ててみたいと思います。

 

 

アシートの表裏の話

アシート開発当初は、ウラ面(靴側)にナミナミがあり、オモテ面(足側)は平面となっていました。それは、平面部分がオモテ面にあることで、印刷に適した紙の持つ特徴を生かし、様々なデザインが可能だったからです。しかし、ここで困ったことが発生します。試作品を作り、いざ試着をしてみると「ツルツル滑り、感触が悪い」との意見が続出しました。これは、オモテが平面だと、紙の持つ滑らかさが問題で靴を履いたとき滑ってしまうのです。この問題を解決するべく、試行錯誤を繰り返します。その中で、靴を履いたときの感触は、足から発生する汗の水分と関係があり、オモテを波目にするコトが水分吸収と通気性に有効であるコトがわかり、現在のアシートが誕生することとなります。

今では「畳の上を歩いている様な爽快感」と評価頂く事もある、アシートの気持ちいい感触は、逆転の発想から生まれたモノだったのです。

 

アシート波目の方向の話

アシートのナミ目は現在横ですが、お客様から「靴を脱ぐ時にアシートが折れ曲がり靴からはみ出す。波目の方向が縦のタイプが欲しい。」と言うご意見を頂戴する事があります。開発当初も同じ様な意見があり、縦ナミ目のアシートを作ってみた経緯があります。確かに、靴を脱ぐ時に折れ曲がる問題は無くなったのですが、ここでまたしても問題が・・・。なんと、アシートの気持ち良い感触が無くなってしまったのです。素足の状態の足の裏は敏感ですが、靴下を履く事により、靴下が緩衝材となり、1足当りの波目の数が少ない縦タイプは凹凸を感じ難くなることが分かりました。

当時の開発者は大変悩んだ結果、靴を脱ぐ一時(靴を脱ぐ時の折れる現象)と靴を履いている時間(気持ち良い感触の時間)を比較し、最終的にナミ目が横のタイプ(現在のタイプ)を選択することとなったのです。

 

最後に

今回アシートの歴史Part②をお送りいたしました。いかがだったでしょうか。

歴史を調べてみて、アシートの特徴である履いた時の気持ち良さを生むまでには、さまざまな試行錯誤があったことがわかりました。皆様もアシートを履くときに今回の記事の事を少し思い出していただけたら幸いです。

 

次回のテーマ「私だけが知っているアシート活用法」を紹介する予定です。お楽しみに。