知って得するインソールの豆知識

Vol.41 登山とアシートPart② ~夏山編~

8月も暑い日が続いていますね。

最近は外に出るだけで汗が噴き出てきます。

皆さまもお出掛けの際などは水分補給をしっかり行って熱中症などにはお気を付けください。

 

さて、今回の「知って得するインソールの豆知識」は登山とアシートPart②ということで、夏の「筑波山」に登ってきました。

日にちは世間が今年一番の暑さといっていた三連休の中日の7月15日(日)です。

まずは電車とバスを使って筑波山神社を目指します。

バスはつくば駅から8時の筑波山神社直行便でしたが、補助席までいっぱいとなり、次のバス待ちの方も大勢な状態。筑波山結構な人気です。

(駅写真)  (神社2)

神社でアシートを装備(Oタイプを使用)。

(靴アシート)

今回は暑さもあり、登りはケーブルカーで山頂付近まで移動し、男山山頂と女山山頂を登り下山するコースにしました。

  (ケーブルカー)

ケーブルカーで「つくば山山頂駅」まで上がると涼しくびっくりしました!気温23度です。ただ湿度も高く登山中は暑くなってしまいました。

(山頂駅)

 

筑波山は登りやすいイメージがあったのですが、結構岩場が多く少し大変でした。すれ違う人も登りやすいイメージがあったのか何度か「あとどれくらいで山頂着きますか?」と聞かれる事が多かったです。

(登山風景)

(登山風景石)

男山山頂はガスっていてあまり景色を見ることは出来ず少し残念でした。女山山頂はガスも少し晴れて景色も見る事が出来ました。

(男体山山頂)

(男体山山頂風景)

(女体山山頂)

最後は蕎麦を食べて帰ってきました。

(そば)

さてアシートはどうだったのかというと、足汗をしっかり吸収してくれていた為、かなり暑い日でしたが、靴ムレを感じることはなく登山を終えることが出来ました。

ただ、アシートの状態はと言うと結構なダメージがありました。今回は岩場が多く、下りが多かった為か破けや折れが目立ちました。足場の少し悪い急な下りの時は靴の中で少し滑る感じもありました。

(靴アシート使用後)

(靴アシート使用後裏)

 

最後に

今回のテーマいかがだったでしょうか。

夏の登山ということでかなり暑かったのですが、山頂付近は平地に比べるとだいぶ涼しく楽しく登山が出来ました。まだこれから夏休みという方もいると思います。皆さんもアシートを履いて登山に出かけてみてはどうでしょうか?


■バックナンバー

以前の記事を見る

ページトップへ戻る