知って得するインソールの豆知識

Vol.27 濡れた靴のお手入れと臭い対策

 

6月中旬となり関東は梅雨入り後1週間が経ちました。カラ梅雨気味とはいえ、やはりジメジメと鬱陶しい季節になりました。

 

(イメージ写真)

 

さて、「知って得するインソールの豆知識」今月号は「濡れた靴のお手入れと臭い対策」ということで、梅雨の時期を乗り切るための豆知識をお送りしたいと思います。

まずは下記のグラフをご覧ください。今回のアンケートはアシート公式Webサイトをご覧になっている皆様、つまりアシートを使っている、または興味を持って頂いている方々52名様から回答を頂きました。その皆様のアシート(または新製品SUASI)の使用歴となります。

 

アシート(またはSUASI)の使用歴は何年ですか?

 

このグラフからは使用間も無い方から大ベテランまで万遍なくいらっしゃることがわかります。これは中敷きなどの日用品の継続使用率としてはかなり高い方ではないでしょうか。

ちなみに使用歴20年以上ということは、現在アシートを専任で企画・販売等行っているどのスタッフよりもキャリアは上ということになります! 大変ありがたいことです。

10~20年の選択肢を5年刻みにすればもう少しきれいなグラフになったかもしれないですね。

 

●● 雨で靴が濡れそうなとき・・・ ●●

まず雨などで靴が濡れそうなときはどう対策などしているかということを伺いました。

これは多くの方が雨用の靴を履くと答えています。「濡れても差し支えのない靴を履く」(全体の22%)、「レインブーツを履く」(19%)ということで合計で4割を超える方が雨の日に履く靴を用意しているということですね。ちなみに「濡れても差し支えのない靴」というのは女性の場合はサンダルのような靴が該当すると思われます。男性用は見た目は特に変わらずに防水機能を持つ革靴などがありますね。

 

雨などで靴が濡れそうなときは どうしていますか? 〔複数回答〕

 

次点は「防水スプレーを使う」(18%)となり、これも雨が激しくなければ効果的で手軽な対策だと言えます。防水スプレーは汚れ防止にも効果があるという利点がありますね。ちなみに防水スプレーは屋外で使わないと吸い込んだとき吐き気などを起こす場合があるので注意しましょう。

次は「中敷きを入れる(アシートを含む)」(17%)ですが、正直これは発泡スポンジのようなスポーツタイプの中敷きくらいしか防水用途のものはないと思われますがいかがでしょうか。アシートを使う場合は紙の吸水性を見込んで入れて下さると思うのですが、これは慎重に行わないと、濡れたアシートは容易に崩壊して靴の中でバラバラに砕けてしまい汚れてしまいますので、小雨で靴の中の湿気を無くす程度の使用に留めて頂きたいと考えております。

中敷きの次は「出先で(靴を)履き替える」(10%)ということで会社の更衣室や自分のデスクに予備の靴を置いておける方、または勤務中に履くべき靴があるということですね。退社するまでに履いていた靴が乾けば効果的で快適ですね。

「交通手段やルートを変更する」(7%)については、最寄駅まで家族が送迎してくれる方も多いのではないでしょうか。

「その他」(3%)としては「そのまま濡れる」「いつも通り」という意見があり、意外と少ないなと感じましたがいかがでしょうか?

「外出しない」(2%)というのはある意味理想的?ですが、そうも言ってられないので、雨用の靴を履いて普通に通勤、可能なら駅まで車で送ってもらう・・・というのが会社員としての現実でしょうか。

 

(イメージ写真)

 

●● 靴が濡れたときどのように乾かすか ●●

次に、それでも靴が濡れてしまったらということで、乾燥手段について伺いました。

これは直感的に「新聞紙」というワードが頭をよぎりますが、その通りで31%という高い割合で行われています。複数回答につき他の手段も併用しているとは思いますが、やはり内部を新聞紙で吸湿させるのは王道なのですね。

ちなみに筆者宅は新聞をとっていませんが、そのような家庭ではできませんね・・・

 

靴が濡れてしまったときはどのように 乾かしますか? 〔複数回答〕

 

新聞紙で乾燥させるとき、新聞紙を詰めて一昼夜おいておく場合もあるかと思いますが、基本的には長時間に渡り放置しておくと逆に湿気を温存させてしまうことに繋がり、それがカビなどの原因になりうるということで、30分程度で新聞紙を1、2度取替え、寝る前には取り外しておくことが肝要のようです。

また新聞紙のインク移りが気になる場合は、新聞紙をさらにキッチンペーパーなどで包んで詰めると吸湿性も損なわずに靴内部をきれいな状態に保てます。

次に「陰干しする」(21%)、「布等で水分を拭き取る」(20%)ということで、これらも乾燥の基本ですね。陰干しする際は靴用のハンガーなども利用できます。干す場合は低い位置よりは高い位置の方が湿気がたまりにくいため早く乾燥します。理想的には空気が流れる場所でしょうか。

布で拭き取るというのはやはり大事で、革靴などの場合は放っておくと雨染みになることがあります。また雑学ではありますが、摂氏0度における水と水蒸気の体積比は1244倍(!)だそうで、液体の水を取り除くということは何よりも効率的な除湿と言えます。

「中敷きを入れる(アシートを含む)」(11%)は意外だったのですが、結構な方がこの方法をとっています。前章でも触れましたが、アシートで意図的に吸湿させる場合は紙自体の崩壊や紙屑の発生を防ぐよう、十分注意して行って頂くようお願い致します。

これに続くのは「ドライヤーを使う」(6%)、「日向に干す」(4%)、「扇風機を使う」(3%)となり積極的に乾燥させる手段ですが、ドライヤー(温風)と日向での乾燥は過熱により素材の変質などを招く恐れがあるので、お勧めできない乾燥方法となります。特に直射日光では紫外線で靴が大ダメージを受けてしまいます。

「洗濯機を使う」については1名もいませんでした。コインランドリーなどでは靴専用の洗濯機があったりするそうですね。

「その他」としては「除湿機の前に置く」という方が1名いらっしゃいました。たしかに扇風機より断然効果的ですね。

「扇風機を使う」と同じ割合だったのが「特に何もしない」(3%)ということで濡れてもそのまま、自然乾燥ということだと思われます。これは靴にとっても良くないでしょうし、雑菌の繁殖によるニオイの発生待ったなしなので、十分お気を付け下さい。

 

(イメージ写真)

 

●● 靴を乾かした後のお手入れ ●●

次に濡れた靴を乾かした後のお手入れ・ケアについて伺いました。「除菌・消臭スプレーを使用」(34%)という手軽なケアが最も人気のようです。確かに除菌スプレーを靴の中に噴霧した時の満足感?殺菌感??はかなり高いですね。

また「特に何もしない」(25%)という方もかなり多い結果となりました。

 

濡れた靴を乾かした後のお手入れは していますか? 〔複数回答〕

 

「保護クリーム等を塗る」(25%)という方もたくさんいて、手間のかかるケアをされていて感服致します。
「シューキーパーを入れる」(16%)も少なくない方が実践しているのですね。濡れて乾燥した後ということで型崩れが心配ですからシューキーパー、ブーツキーパーなどでぜひとも形状を整えたいものです。

 

(イメージ写真)

 

●● 濡れた靴のお手入れと臭い対策に関する体験談 ●●

最後に濡れた靴のお手入れと臭い対策に関する体験談を伺いました。皆様様々な苦労・工夫をしているものだと実感します。

「雨の天気予報が出ている時は雨用の靴を履いて外出しますが、近年はゲリラ豪雨の様な予測できない大雨も多く、夏場は仕事用の革のパンプスを濡らしてしまうこともよくあります」(使用歴1~3年)

「ドライヤーの強い温風を当てるのは革の劣化が早まるので避けたい。かといって新聞紙を詰めて根気強く陰干ししても、梅雨時のジメジメした気候でなかなか乾かず、しまいには生乾きの嫌な匂いが部屋に充満して不快な気分になる・・・と、特に濡れた革靴お手入れには良い解決法がなく悩みどころです」(同上)

「濡れた靴は放っておくと、においを放ってくるので放っておけません。前は靴乾燥機を使っていたのですが、革靴に使うと皮がこわばった感じになってしまうので、やめてしまいました。 これから梅雨に入るのでとても、心配です」(使用歴10~20年)

「1回履く毎に、簡単な乾燥機にかけて乾燥させている」(使用歴10~20年)

「かつては専用のドライヤーを使っていたが、今は靴を6足用意し毎日変えています」(使用歴10~20年)

「外側の水分はできるだけ布でふき取り、新聞紙を詰めて乾くまでこまめに取り換えて陰干ししています」(使用歴1~3年)

「乾かした後に靴の中に重曹を撒いて掃除機で吸ってニオイをとる」(使用歴5~10年)

「乾燥剤を靴に入れ毎日同じ靴を履かないようにする」(使用歴:使っていない)

「絶対、次の日まで置きません。雑菌が増えるので、とにかくその日のうちに乾かします。いつも除湿器の風の吹き出し口の上に靴を吊るします。翌朝にはすっかり乾いています」(使用歴3~5年)

「除菌アルコールを持ち歩き、消臭している」(使用歴10~20年)

「脱いですぐに消臭スプレーを振るようにしています」(使用歴10~20年)

「中まで濡れていたら水洗いしてから乾かす」(使用歴5~10年)

「中敷きは洗濯し、靴自体は陰干しし除湿脱臭できる炭やヒノキチップを入れる。見た目も可愛いヒノキチップが入った袋もののシューキーパーがあれば嬉しい」(使用歴1~3年)

「靴が濡れる心配があるような場合は、あらかじめ防水性のある靴を履くようにしていますが、途中で雨に降られ靴が濡れてしまった場合は中の濡れたアシートを取り出して、ティッシュやタオルで水分を拭き取った後、陰干しし靴内が乾いてから新しいアシートを入れます。また自分の足は汗をかきやすいため靴下は年中すべて5本指で室内での仕事中はメッシュの靴を年中履いています」(使用歴20年以上)

「妊娠してから汗をかきやすくなり、靴の匂いが非常に気になるようになった。特に雨の日はひどいので自宅や職場に靴用消臭スプレーを常備しています。アシートを使うようになって、匂いへの不安が軽減されました」(使用歴1年未満)

「新聞紙を敷いて置いときます。それでも乾かず旦那は会社を休みました」(使用歴5~10年)

「忙しくてなかなか対策をしていない」(使用歴1年未満)

 

- *  - *  - *  - *  - *  - *  - *  - *  - *  -

 

以上「濡れた靴のお手入れと臭い対策」についてお送りしましたがいかがでしたでしょうか。梅雨時の靴のお手入れの一助になれば幸いです。次回はインソールの購入場所や方法などについてお送りする予定です。お楽しみに。

 

 

 

 


■バックナンバー

以前の記事を見る

ページトップへ戻る