知って得するインソールの豆知識

Vol.35 アシート販売実績

 

2月です。寒い日が続きますね。今年の冬は特に寒いですね。ただ春までもう少し!風邪などに注意してこの冬を乗り切りましょう!

 

さて、今回の「知って得するインソールの豆知識」はアシート販売実績ということで、実際どのサイズが買われているのかを当社が実施している実演販売での実績とweb上での実績を見て行きます。また、アシートはどのタイプが人気なのかも見ていきたいと思います。

 

実演販売での実績

実演販売での販売サイズの割合は、23cmが30%、24cmが32%となり女性用サイズが約6割を占め、男性用サイズは25cmが15%、26cmが16%、27cmが7%となりました。女性用サイズが多い理由としては、実演販売がドラッグストアやホームセンターなどで10~18時の時間帯に実施することが多く、主婦の方の来店が多いという点が考えられます。男性用サイズについては、女性に比べると男性の場合は数日試してから買うという方が多い印象で、販売割合が低くなったのかもしれません。

Webでの実績

Webでの販売サイズの割合は23cmが26%、24cmが29%、男性用サイズの25cmが11%、26cmが20%、27cmが14%となりました。実演販売での販売サイズと比較すると女性用サイズが2サイズとも割合が少し落ちて、男性サイズの26cm、27cmが割合を上げている結果となりました。私もそうなのですが、お店等で知ったものを一度web等で調べてから購入する方が多い印象があります。そのため、実演販売に比べ男性サイズの販売割合が増加したのかもしれません。

タイプ別割合

つぎに実際にどのタイプが人気なのかをWebの販売実績を見てみたいと思います。(なぜ実演販売のタイプ別は載せないかというと実演販売は主にOタイプで行っている為、偏った数値になってしまう為です。)

 

OタイプとKタイプが他のタイプを引き離し、同率で40%。Bタイプが17%となりました。SUASIが3%との結果となりました。Oタイプは2~3日使えるタイプとして、Kタイプは標準タイプとして、最初に選びやすい傾向にあるのかもしれません。Bタイプはやわらかいタイプという点で一度OタイプやKタイプを使用した方が選ぶ事が多いので他のタイプに比べ低めな割合となっているのではないでしょうか。SUASIについてはアシートに比べるとまだまだ認知度が低いことからこの割合になったと考えられます。

 

いかがだったでしょうか、実演販売とWeb販売については割合的にはほぼ同じ傾向にありますが、詳しく見てみると実演販売はweb販売に比べ23cm・24cmの女性用サイズの販売数が多くなり、Web販売では実演販売に比べ26cm・27cmの男性用サイズの販売数が多くなる結果でした。人気のタイプについてはOタイプ、Kタイプが人気との結果となりました。ちなみ私は長持ちするのでOタイプが好きです。

 

次回の「知って得するインソールの豆知識」はインソールによる足裏リフレについてお送りします。お楽しみに。

 


■バックナンバー

以前の記事を見る

ページトップへ戻る